So-net無料ブログ作成
検索選択

学習障害と知的障害との違いとは? [学習障害]

学習障害と知的障害との違いとは?

学習障害とは、発達障害の中の一つの障害であり、部分的な機能のみが問題とされる障害になります。学習障害というだけあって、学習面の障害である聞く、話す、書く、計算する、読むなどのどれかを行うことが困難な状態をいいます。




聞く、話す、書く、計算する、読むの中で、限定的にできない部分がありながらも、知的発達が遅れているわけではないのが特徴です。

知的障害には当てはまらないけれど、特定の分野において困難を伴うのが学習障害であるといえます。

学習面だけではなく、生活していく上で必要な運動動作や対人関係なども上手くできない場合もあります。

学習障害の原因は、はっきりと解明されていませんが、脳の中枢神経に何らかの機能障害があるのではないかといわれています。

一方、知的障害は、知能の発達が遅滞した状態で留まっている状態のことをいい、記憶、知覚、運動、理解、思考、判断などの認知能力が遅滞している状態の障害です。

知的障害があると、日常生活での物事の判断や適切な行動を自分で行うことができません。

知能検査による知能指数が70以下の場合が知的障害とされ、様々な援助の対象になります。

知能障害は、生まれた時や乳幼児の時の脳の発達障害、脳の病気・損傷で発達が妨げられることで起こると言われており、ほとんどの場合は十八歳未満で生じます。

他にも、虐待などで知的発達に不適切な環境におかれている場合にも、知的障害になりやすくなります。

染色体異常によるダウン症も、知的障害の一種です。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。